タバコと関わりの深い病気

タバコを吸うことで病気になるリスクが高くなり、その中でもよく知られているものは肺がんです。煙の中には4000種類以上の化学物質が含まれていて、その中でも発がん性物質と呼ばれるものは約60種類と言われています。この中に含まれるニコチンは、依存症になる可能性が高く、ヘロインと同じくらいやめることが難しくなります。タバコに依存して吸い続けると、病気になる可能性がますます高くなります。喫煙者と吸わない人とでは、70歳まで生きている確立が吸わない人では約80%、喫煙者では約58%と大きく異なってきます。そのため寿命にも影響を与えるというわけです。しかし、喫煙者でもやめることで、寿命を取り戻すことができます。また喫煙することで、肌のハリがなくなったりしわや乾燥、白髪が増えたり脱毛、と実年齢よりも老けて見えることがあります。病気の面では、タバコの影響を受けやすいものとそうでないものにわかれます。例えば、煙などが直接ふれる部位である咽頭や肺、食道、胃、肝臓、すい臓、膀胱、子宮などです。このように、直接でなくても影響を受けて知らないうちに悪化していく恐れがあります。日本では、喫煙者は吸わない人に比べると、がんになる可能性が1.5倍高まると言われています。特に肺がんは喫煙との関係が深く、亡くなった方の中でも喫煙者が多いのが現実です。また、喫煙による健康被害は脳卒中や心臓病などを引き起こす可能性があり、寿命前に大きな病気を引き起こす原因にもなります。その他にもうつ病や高血圧、糖尿病、ストレスが増えることもあります。女性の場合、赤ちゃんの低体重や流産、早産と大きなリスクを抱えることになります。また、タバコを吸っている人だけでなく、煙から出る物質によって、吸っていない周りの方への健康被害の影響もあります。

タバコががんを引き起こす仕組みは、まずタバコに含まれている物質と不完全燃焼によってできる物質があり、その数は数千とも言われています。そして、それらの中には多くの発がん性物質が含まれています。その物質が活性酵素として体内のDNAと結びつき、そのDNAが複製する際に異変して、それを繰り返すことで蓄積された細胞が病気を引き起こすと考えられています。タバコは吸い続けることで、病気やがんのリスクが高まりますが、喫煙することでそのリスクを抑えることができます。一度も吸ったことがない人と同じレベルまでは下げられなくても、途中で禁煙することで効果があります。特に食道、胃、肺、咽頭、膀胱、子宮、などは、禁煙することで病気になる可能性が低くなります。これは、早く禁煙すればするほど効果的です。喫煙することでのメリットは多くあります。タバコをやめるとイライラしてしまうと言いますが、これはニコチン依存によって感じるイライラです。そのため、喫煙することでニコチン切れによって感じるストレスは一生付きまといます。しかし、ニコチン切れによるイライラのピーク時は、禁煙後2~3日です。禁煙に成功することでニコチン依存によるイライラから開放されるため、ストレスは減ります。また、禁煙することで本来の健康を取り戻して、運動量を増やすことができます。その他にも呼吸が楽になった、食べ物が美味しく感じたり、寝起きが良くなる、肩こりが減る、口臭がなくなり肌の調子がよくなったりします。喫煙は大量のビタミンCを消化してしまうため、ハリやしわに影響します。喫煙は血行も悪くするため、禁煙することで冷え性が改善されることもあります。一緒に住む家族の健康も守ることにつながります。タバコから出る有害物質が空気清浄機で除去することができないため、吸わないことが一番効果的です。

タバコは身体に悪い影響を与え、病気を後押しする

タバコは「百害あって一利なし」と言われるとおり、今や健康のためには止めるべきことの筆頭に挙げられるものとなっています。一つには、タバコ自体ががんを招きやすくなります。また、本人がかかりやすくなると同時に、周囲の人にも悪い影響を与えます。特に、肺が傷んでしまいます、通常肺はきれいな赤みがかったピンク色ですが、一日10本で50年吸い続けた人の肺は、一部が黒くなり、もっとヘビーなスモーカーの場合は、真っ黒に変色し、癌を誘発する素地ができています。周囲の人については、受動喫煙という言葉が使われますが、夫が一日20本以上喫煙するときの妻の肺がん死亡率は約2倍と言われています。
かつての日本は、タバコ奨励の風潮もあり、また格好をつけたリするところもあったりで、電車やバスの中に灰皿が用意されているくらいでしたから、多くの喫煙者がいたわけですが、今は喫煙習慣が身体に悪いということが浸透して、喫煙者は激減しています。そして遅ればせながらと禁煙する人も増えています。というのも、今更であってもやめた方がいいということが分かっているからです。毎日喫煙している人の肺がん死亡率は、通常の人の4.5倍ですが、4年禁煙すると2倍に下がり、10年以上で1.4倍となるので、思い立ったが吉日ということになるのです。
税金を払って国に貢献しているとか、他人には迷惑を掛けていないなどと豪語する人もいますが、いずれ歳を取り、嫌でも認知がかり、自分で火を消せなくなる時が来るので、その前に断ち切ることが賢明なのです。
また、タバコはがんのことだけでなく、生活習慣病という病気との関係性もあって、健康寿命を短くして、重病となり、障害や寝たきりと結びつく危険性も孕んでいます。そうなると、医療費は多くなり、人の手をお借りしなくては生きていけなくなるので、迷惑のかけっぱなしになってしまいます。

前述のとおり、タバコは身体に直接的に悪い影響を与えますが、同時に間接的にも悪い影響を与えます。
日本人の平均寿命が伸びていて喜ばしいかぎりですが、一方では障害や寝たきりという障害期間ではない健康寿命が大切なのですが、こちらはそれほど顕著な伸びをでないことから、悪性新生物いわゆるがんや心疾患、脳血栓疾患という死亡要因への対策をはじめとして、生活習慣病対策が重要になっています。
生活習慣病とは、死の四重奏ということばで紹介されていますが、肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病ということになります。これら自体への対策は、肥満を除けば病気ですから、お医者さんにかかり、治療や適切なお薬を服用することですが、肥満も含めて、総合的には食事、運動、休養で身体を改善していくことが大切とされています。食事で言えば、栄養バランスのこと、アルコールのセーブ、塩分や高脂肪食品への注意、緑黄色野菜の摂取などなり、適度な運動で健康な身体づくりに励むとか、ストレスをためないというようなことになります。
しかし、タバコを吸う習慣があると、これらの努力も水泡に帰してしまいます。死の四重奏との関係性は直接的ではないにしても、四つの生活習慣病に喫煙習慣が加わると、動脈硬化、虚血性心疾患、脳卒中など命に係わる疾患を招きやすくしてしまうことが分かっています。
タバコを吸わないと肥満になるとか、ストレス解消ができなくなるとか、吸い続けるための言い訳を探す人いますが、肥満とタバコの関係で顕著な結びつきはありません。他の食事や間食からの影響が強いのです。また、ストレスについては、解消されるというのは一種の錯覚であって、むしろ吸いたいというストレスに四六時中悩まされているのです。
こうしたわけですから、自分のため、家族のため、そして周囲の人のため、ひいては日本全体のためにもタバコは一刻も早く卒業することが求められているのです。

タバコは病気の原因リスクになります

タバコに含まれるタールやニコチンは、吸う人の健康を害したり、病気のリスクを高める原因になります。
また、受動喫煙で周囲の人にも影響がありますから、嗜む人は喫煙場所選びや吸い方に注意が必要です。
タバコの煙を吸うと、肺にタールやニコチンが吸着して、体内に定着したまま影響を与え続け始めます。
リスクが高まる病気の中でも、肺がんの発症率が高まりやすかったり、危険性が上昇すると知られています。
他にも、循環器系全般に影響を与えたり、脳にも悪影響があることがわかっているので、問題点を踏まえタバコを吸うか否かを判断することが大切です。
がんに注目すると、肺に次いで発症率が高まるのは、煙と真っ先に触れる口腔内、そして煙の通り道にある咽頭が挙げられます。
胃や大腸に対する影響も無視出来ませんし、男女に共通する膀胱と、女性は子宮頸のリスクを高めることがわかっています。
火を燃焼する際、不完全燃焼は例外なく起こり、やがて燃え残った物質が空気中を漂います。
その中には、数々の発がん性物質が含まれているので、病気が発症する恐れが高まるのは当然です。
タバコの場合は、それが口や肺の中で起こりますから、とてもリスクが高く危険な状態を引き起こしてるといえます。
がんの研究結果では、死亡原因の多くに、タバコの喫煙と関係性の高さが確認されています。
喫煙が影響する範囲は広く、吸う本数を増やすだけでも危険性が増すので、急に止めることが難しくても少しずつ減らしましょう。
燃焼物を吸い込むことを止めれば、それだけで病気の発症確率が減少したり、将来の不安が減る切っ掛けになります。
禁煙補助薬であったり、食の楽しみや集中出来る趣味に出合えると、吸わずに不安感を覚える頻度が減少します。
体に与える影響や、家族の健康を合わせて考慮すれば、喫煙を見直す理由が得られるでしょう。

喫煙は病気の発症原因になること、特にがんはタバコと密接に関係している点が、国際的に医学界での共通認識になっています。
しかし、タバコは嗜好品の一つで、更に古くから愛されていますから、本人が止める意志を持たなければ止められません。
ただ、喫煙者がタバコの影響を良く理解して、がんの不安や病気の原因になることがわかれば、止めようとする気持ちは自然に湧き上がります。
がんは体内で発生しやすく、増殖していても直ぐに気が付きにくいので、発生や増殖の切っ掛けを減らすことが重要です。
喫煙以外にも、考慮すべき生活習慣や注意点はありますが、タバコは影響力が大なので、まずは優先的に禁煙を始める必要があります。
既に何らかの症状を抱えている人は、治療の妨げや進行のリスク、新たな病気の発生を念頭におくことが不可欠です。
がんは体内の影響範囲が幅広く、転移は時に治療困難な状況に結び付くので、早くタバコの危険性を認識する点が、リスクを避けて病気を遠ざけるポイントになります。
受動喫煙は、吸い込む煙の印象に比べても、体に対する影響は小さくないと見られています。
一度体内に入った不完全燃焼の残り物は、吸収されにくく長期間残り続けますから、一日あたりに数多く吸うと発症リスクが高まります。
禁煙を開始しても、肺や体内に残った物質は影響し続けますし、完全に禁煙する状況が理想的ですが、止められなくても減らす必要はあるでしょう。
体内で煙を発生させず、ニコチンだけを摂り入れられる禁煙補助薬は、思い立ったら始められる手軽さがあります。
禁煙の成功率が高く、イライラや不安感といった依存症状が軽減可能なので、初めて禁煙に挑戦したり、今まで失敗続きで結果が得られなかった人にも適しています。
医者や家族の支えがあれば、共に健康が目指せるようになりますから、喫煙のデメリットを知って相談を始めることがおすすめです。

タバコは脳卒中命などの病気の発症を高める

タバコが良くないというのは大昔から言われていることですが、それでもやめられずに吸い続けている人は多いとされています。

長年喫煙をしてきた人がいきなりタバコを止めることは難しいこととされ、総合病院などの医療機関では、禁煙外来などの専門外来なども広まっています。

タバコは百害あって一利なしという言葉からも分かるように、体に様々な悪影響を及ぼします。

また、自分だけに限らず大事な加須やパートナーの体に与える悪影響も大きいとされています。

受動喫煙は、本来喫煙をしてない人が喫煙者の出した有害物質に触れることで病健康が危ぶまれることから問題となっています。

タバコに含まれる有害物質は、カーテンや壁、衣服などにも残るためにたとえ空気清浄機などで室内の空気を綺麗にしたところで完全に取りきれるわけではありません。

そして、喫煙していない家族や子供の体の健康を脅かす原因となり、肺がんや乳幼児のAIDSにも関係性があるとして懸念されています。

特に、喫煙者の多くはフィルターを通して吸っているので体に悪いとしても自己責任となりますが、フィルターをせずに直接煙を吸ってしまう非喫煙者の方が健康を害することが多くなってしまうとされています。

自分が喫煙していることを、健康を害したり病気になるのを覚悟して吸っているのであれば問題はないですが、自分がしていることで大事な家族の健康を台無しにしていると考えると、今日からでも早速禁煙を考えようという気になるのではないでしょうか。

喫煙によって発生する病気として、最たるものががんや心筋梗塞などですが、命を脅かす危険性が高い病気として発症のリスクが危ぶまれているのは脳卒中です。

脳卒中とはどういった症状が出て何が原因で起こるのでしょうか。

そして、タバコの喫煙はその病気を招く理由などについて考えてみましょう。

実は一口に言ってもその種類は様々あるとされており、多く分けると「脳の血管が詰まる」症状と「脳の血管が破れる」症状で病気の名前が異なり、それらすべての脳の血管に何かしらのことが起こることを総称して脳卒中と呼んでいます。

脳の血管が詰まる状態のことを脳梗塞や脳塞栓症、脳血栓症や脳一過性虚血発作などがあり、脳の血管が破れて脳の様々な部位に影響を及ぼすのが脳出血やくも膜下出血です。

度の病状が発症しても脳に関係していることから後遺症が残ったり寝たきり状態になるなど命が助かったとしても以前のように生活できるかどうかは難しいと言えます。

これらの病気の中でも日本人に最も多いのは脳梗塞とされており、脳梗塞は脳の血管が詰まったり狭くなることで血流が悪くなる状態のことです。

では、タバコとの関連性はどんなことが考えられるのでしょうか。

実は、一昔前まではタバコと脳卒中の因果関係はあまりないとされており、脳深部の細い血管が詰まってしまう原因として多いのは高血圧の人であり、タバコはそれほど影響していないとされていました。

しかし、近年食生活が欧米化してきたことと並行して増えてきた脳梗塞は頸動脈の動脈硬化が原因で起こるとされており、結果的に喫煙と欧米化した食生活による動脈硬化が原因によって発症している脳梗塞の方が増えてきたとされているのです。

加えて、血管が破れることで起こるくも膜下出血においてもたばことの関連性が認められており、非喫煙者に比べて喫煙者がくも膜下出血を発症するリスクは2倍になるとされています。

喫煙が原因で起こる病気はそれ以外にもがんや心筋梗塞、歯周病や高血圧などがあり、様々な病気を引き起こすきっかけとなりますので、健康で快適な生活を送りいつまでも長生きするためにも少しずつ本数を減らしたり禁煙外来に通うなどしてタバコから遠ざかる努力をしてみてはいかがでしょうか。