思いがけなく、個人事業主になりました。

私が在宅ワークという形で働くようになって、2年経ちます。転職エージェントの経験はありません。

 

その前まで、派遣社員という形で、コールセンターで働いていました。電話応対と入力業務を中心に、業務をこなしていました。

 

ある日、全体朝礼にて、トップから、コールセンターの閉鎖を告げられました。ついに来たかと思いました。

 

実は、以前も、派遣先のコールセンターがクローズとなったことがありました。

 

その時は、別の派遣先を紹介していただきましたが、今回の私には違う考えがありました。

 

通勤せずに、家で働くことを考えました。

 

上司や同僚から、在宅という形で、今の仕事に似た形で働くことができると聞いて、応募しました。

 

インターネット上での試験、実際の業務によく似た状況の試験などを受けて合格した私は、今に至るまで働いています。

 

転職活動には、上司や同僚からの情報があるとかなり違うのではないかと思いました。

 

通勤しなくて済むことで、時間にゆとりができたこともあり、私は他に在宅でできる仕事を探し、本業が終わった後にこなすこともしています。

 

コールセンターの閉鎖は辛い体験でしたが、家で働く、そして今までしなかった仕事にも取り組めるようになったことは、結果として良かったと思います。

 

この転職を機に、前向きな姿勢で仕事に取り組み続けるつもりです。

子育て中で不利な状況の中、諦めずに転職に成功しました

パソコン教室でインストラクターの仕事をしていましたが
その教室が業績不振のため、社長から他の地域の教室に異動するように打診されました。
異動先の教室で働くためには引っ越しをする必要があり
小さい子供がいる私にとってそれはさすがに難しい為、
夫と相談して転職を決意しました。

 

転職先を探すためにハローワークと派遣会社に登録しましたが
子供が小さいこともあって最初はなかなか面接にも至らず悔しい思いをしました。
最近は転職エージェントで楽に仕事が見つかるみたいですが、当時は転職エージェントなんて便利な存在ありません。
子供は保育園には入っていたのですが
熱を出たときや保育園の行事などで仕事を休む可能性があるため
どうしてもマイナスに見られることが多いようです。

 

ハローワークや派遣会社のスタッフの人とも何度も話をして
履歴書の書き方なども工夫してみるなど諦めずに転職活動を続けました。
この時点で転職エージェントを使えば良かったなぁと後から痛感してます。

 

ある日、短時間勤務が可能な事務の求人が出ており
ハローワークを通じて申し込んだところ、
ちょうどパソコン操作ができる人材を探していたそうで
パソコン教室で働いていた経験があることが評価されて
見事事務の仕事に転職することができました。

 

職場は今までより少し遠くなってしまいましたが
短時間勤務で仕事と家庭の両立がしやすい環境になり
諦めずに転職活動を続けて良かったなと思います。

エージェント活用方法

転職エージェントの活用方法を複数のポイントに分けて紹介します。

  • その1 求人数が多すぎるエージェントを選ぶ。

そうすることによって必然的に非公開求人の数も増えて、他のエージェントで紹介されないような企業の面接にこぎつけることができる可能性があります。

  • その2 前職の経験を活かせる求人を探すために、特化した転職エージェントを使う。

営業経験のある人は営業・接客の仕事が転職を成功させやすいです。
同じようにWEB系のお仕事をされている方は、そういった求人を特に得意としている転職エージェントを利用することが最大のコツ。
そうすれば都合良く給料だけ上げることが可能なのですよ。

  • その3 転職エージェントではキャリアアドバイザーのいう事を素直に聞く

大勢の転職者を成功に導いてきたその道のプロから直接アドバイスを聞けるなんて神ってます。
転職エージェントならそういったことが簡単にしてもらえるので、ぜひ、いう事を全部とまではいきませんが、聞きまくることで転職を有利に進めることができることでしょう。